2007年10月26日

リコーCaplio GX100レビュー(2)外観チェック

先日購入したばかりのCaplio GX100について詳しく
レビューしていきます。今回は外観をチェックしてみましょう

GX100

まずは。。。

★人気ブログランキングはこちら★

もってみた感じですが、一般的なデジカメよりもずしっときますね。
とてもコンパクトという感じはしません。ただし、その分、持ちやすいので
撮影するときには しっくりします。 重量も決して軽くはないのですが、
もったときの感触は丁度いい感じです。

前面から見ていきましょう。

GX100

最も大きな特徴は、フタが自動で閉まらないこと。いちいち手作業で
ふたを取り外す必要があります。今のデジカメは、ほとんど自動開閉ですから、
ちょっとめんどくさいといえばめんどくさいですね。
でも、一眼レフと同じと思えばいいかな。

次は左側面

GX100

無駄な出っ張りはありません。上部に取り付けられているVF(ビューワインダー)
は取り外し可能です。

GX100

背面部分。液晶は2.5型。ボタン類は右側にまとめられており、
操作性は良好です。

GX100

右側面部分です。

GX100

上から見たところ、シャッターボタンとPowerボタンが近くにあるので、
たまに間違うことも。

GX100

底面です。三脚用のねじ穴と、バッテリ・メディアの挿入口があります。

GX100

専用バッテリの代わりに単四電池×2も使用できます。
ただし、乾電池を使用した場合は、撮影可能枚数が大幅に少なくなるので
注意が必要です。

GX100

グリップ部分はすべりどめがついており、ちょっと柔らかくなっています。
したがってホールドしやすいですね。

GX100

ダイヤル式のモードダイヤルはちょっと硬めです。

これは、かばんの中にいれているときに勝手に動かないようにするためでしょうか。
私が持っているLUMIXもダイヤル式なのですが、もっとダイヤルが軽めで、
カバンの中にいれていると簡単に動いてしまうので、
さっと撮影ができなくてめんどうでした。

GX100

フラッシュを使用するには、フラッシュ部分を開く必要があります。
カメラ上部の左側にあるボタンを押すと、フラッシュが出てきます。

GX100

GX100

GX100

正当派のカメラって感じがぷんぷんします。メカメカしくって格好いいですね。
持っていることに喜びを感じるカメラです。

GX100のレビュー情報/スペック/クチコミ情報については
メーカーで探すデジカメ(Caplio GX100詳細情報)」をご参照ください。

【リコーCaplio GX100の最安値を確認する!】
楽天市場
Yahoo!
Amazon
ヤマダ電機
価格.com

★人気ブログランキングはこちら★←人気ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。



*デジカメの詳細情報については、デジタルカメラ徹底比較購入ガイド
も参照してください。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。