2007年08月22日

三洋電機Xacti DMX-CA65購入体験記:各パーツの説明

三洋電機 Xacti DMX-CA65を購入しました。
ちょっと特殊なカメラなので、各パーツを詳しく見てみましょう。


Xacti DMX-CA65

同梱物をすべて出してみました。上の列は左からUSBコードとTV接続用ケーブル、
カメラ本体、ケース。下の列は左から、充電機、ストラップ、バッテリ、CD-ROMです。

Xacti DMX-CA65

右側面。マリンブルーを選びましたが、全体がこの色になっているわけでは
ありません。右側面は白色になっています。
一番上には「WATERPROOF」と記載されています。

Xacti DMX-CA65

左側面です。マリンブルーの塗装は高級感があってなかなかグッドです。

Xacti DMX-CA65

正面から見た図です。レンズ部分を拡大してみると。。

Xacti DMX-CA65


真ん中にレンズ、右側がフラッシュです。レンズ部分にケースがないので、
傷がつかないかちょっと心配ですね。

Xacti DMX-CA65

後ろから見たところ。下半分がちょっと狭くなっており、にぎりやすくなっています。

Xacti DMX-CA65

操作部分を拡大したところ。上に2つのボタンがありますが、
左側が写真撮影ボタン、右側が動画撮影ボタンです。
その下にあるのは、方向ボタンです。上の方を押すとズームに、
下のほうを押すと広角になります。
またメニューを選択する際にもこのボタンを使用します。

触った感じはちょっと柔らかくて、わりと押しやすいですね。

Xacti DMX-CA65

液晶部分を開くとこのようになります。開くのに力はいりません。
かるーく開けることができます。

Xacti DMX-CA65

液晶部分を回転させえることができますが、一回転させることはできません。

Xacti DMX-CA65

液晶部分を開くと、そこに電源ボタンと再生ボタンが配置されています。
上の大きなボタンが再生ボタン。撮影した動画や写真を液晶に
再生するときに使用します。
下の小さなボタンが電源ボタンです。電源をオンにするには2秒間程度長押しします。

Xacti DMX-CA65

このカメラは防水カメラのため、
バッテリおよび記憶媒体挿入のためのスロット部分のロックが重要になります。
写真はロックされている状態です。

Xacti DMX-CA65

上の方につまみを動かすとロックが解除されます。写真のように赤色の部分が
見えていると、ロックが解除された状態です。

Xacti DMX-CA65

スロット部分のケースを開けたところです。このケース、ちょっと開けづらいですね。
まあ防水仕様ですから、防水機能が優先されるのでしょうが。。。

Xacti DMX-CA65

左側がバッテリ挿入部分、右上がSDカード挿入部分です。
右下にある接続端子は、USBケーブルおよびテレビ接続ケーブルを
接続するためのものです。

Xacti DMX-CA65

バッテリ本体と充電器はどちらもコンパクトです。これなら気軽に持ち運べそう。。。

Xacti DMX-CA65

専用ケースにいれたところです。ちょっと無骨な感じがしますね。

*デジタルカメラの役立ち情報については
デジタルカメラ徹底比較購入ガイド」もご参照ください。

***************************************
Xacti DMX-CA65購入体験記
1.防水デジカメ三洋電機Xacti DMX-CA65を購入しました!!
2.Xacti DMX-CA65購入体験記:各パーツ
3.Xacti DMX-CA65購入体験記:操作編
***************************************

DMX-CA65
SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ)シリーズ (マリンブルー) DMX-CA65(L)
最安値を検索
 Amazon ヤマダ電機
楽天市場  価格.com
Yahoo!  
発売日 2007年6月15日
仕様 画素数:600万
光学ズーム:5倍
焦点距離:38mm〜190mm
開放F値:F3.5
メーカーサイト
価格.com




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。