2010年05月30日

キヤノンIXY 30Sレビュー:(4)暗いシーンでも明るく撮影できる!

キヤノンIXY 30Sの大きな特徴の1つとして、暗い状況でも、ノイズの少ない状態で
明るく撮影できる点が挙げられます


キヤノン IXY 30sレビュー

キヤノンの担当者の方が、「ろうそくの火だけで撮影してみましょう」と自信たっぷりに
おっしゃられるので、「ほんまかいな」と思いつつ、場内を暗くして撮影したのが上の写真です。

どうですか。驚くほど、綺麗に撮影できてますよね。手ぶれはほとんど発生しておらず、
ノイズもそんなに酷くありません。これには、ちょっと驚きでしたね。他の参加者も
同様な印象を持ったらしく、あちこちで「おお〜」という声があがっていました。

少し前の世代のデジカメで同じような写真を撮影すると、ノイズが酷くて
見られたもんじゃなかったのですけど、30Sなら問題なく撮影することができます。

なぜ、このようなことが可能になったのかというと。。。

★人気ブログランキングはこちら★

・明るいF2.0のレンズを搭載している
・高感度センサーと高性能エンジンDiGiC4を組み合わせたHS SYSTEMを搭載している

の2点のおかげです。

つまり
・明るいレンズにより、速いシャッタースピードで撮影できるようになる
・高感度CMOS(裏面照射型)センサーを搭載することで、ノイズの発生を抑える
・一眼レフカメラにも搭載される高性能映像エンジンDIGIC4により、ノイズを除去できる

ため、ノイズの少ない写真を撮影できるのです。

このおかげで、フラッシュが必要だったシーンでも、フラッシュ無しで撮影できるように
なりました。

たとえば、次の写真はフラッシュを使って撮影した写真です。
IXY 30s

次の写真はフラッシュを使わず、ローソクの火だけで撮影した写真。
私の持ち方が悪かったせいか、 少し手ぶれが発生していますが、
非常に雰囲気のある写真に仕上がっています。
キヤノン

あと、夜景も綺麗に撮影できるということで、周りの夜景を撮影してみました。
ビルの明かりなど細かいところまで撮影できています。
これまでのカメラだと、このレベルの写真を撮影しようと思ったら、
三脚を使って長時間露光する必要があったのですが、
この30Sでは、簡単に撮影できてしまいます。すごいなあ。
30s

ちょっと暗めの品川駅構内も次のとおり、バッチリ撮影できています。
レビュー

ただ、真っ暗に近い状況ではAFが効きにくいみたいで、ピンぼけ写真になってしまい
ました。ノイズも多めで、やはり真っ暗な環境での使用は難しそうです。
IXY

ただし、暗い状況でも、次の写真のように光源があれば、シャープな撮影が可能です。
暗い

夜の公園。光源を背にして撮影したところ、ちょっとノイズは出ましたが、なんとか
我慢できるレベルの写真を撮影できました。
キヤノン IXY 30s

暗い環境でもこれだけ明るくシャープな写真が撮影できるので、使える範囲が
大幅に広がりそうです。

IXY 30sレビュー

*詳細情報は、IXY 30Sにアクセスしてください。

【キヤノンIXY 30Sレビュー】
インデックス(目次)をチェック!
(1)IXY 30Sに触ってきました!
(2)ハイスピード動画が無茶苦茶おもしろい!
(3)ハイスピード連写で長時間連写できる!
(4)暗いシーンでも明るく撮影できる!
(5)ハイスピード動画機能を使って愛犬を撮影してみました!
(6)ハイスピード連写機能で愛犬のジャンプしている様子を激写!
(7)ジオラマ写真を簡単に撮影できる!
(8)魚眼風に撮影できる!
(9)IXY 30Sを持ってハイキングに行ってきました

IXY 30sの最安値はこのサイトでチェック!
 Amazon  価格.com
 楽天市場  Yahoo!ショッピング





*デジカメの詳細情報については、デジタルカメラ徹底比較購入ガイド
も参照してください。





| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。