2008年08月27日

キヤノンからミドルクラス一眼レフのEOS 50D発表

キヤノンからEOS 50Dが発表されました。
これまでの40Dの後継機として位置づけられており、
ハイアマチュアを対象としたカメラとなっています。

★人気ブログランキングはこちら★

大きな特徴は新しい映像エンジンと「DIGIC 4」を搭載している
点です。これにより、低ノイズ化が図られるようですが、
画質にどのような影響が出るのか。
さらに画素数も1510万画素にアップしているので、この点を
合わせてどんな仕上がりになるのか楽しみですね。

あと、キヤノンは年内にもう一機種一眼レフを投入する予定のようです。
今年はすでにエントリクラスのEOS X2、Fを発売しており、今回は
ミドルクラスのEOS 50Dであったことを踏まえると、今度はハイクラスかな、
と勝手に予想したりします。そうなると、フルサイズの5Dの後継機あたり
でしょうか。

ニコンがD700というフルサイズ機を出しましたからね。
それに対抗する上で、キヤノンも新しいフルサイズ機を投入しても
おかしくはありません。

そうだとすると気になるのは値段かな。
ハイクラスだとレンズは揃えている人が多いだろうから、
ボディのみでいくらになるのか、D700を下回る
魅力的な価格設定になるのか。
すごく楽しみです。



*デジタル一眼レフカメの詳細情報については、デジタル一眼レフカメラ比較購入ガイド
も参照してください。





| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。