2008年06月26日

リコーよりGX100の後継モデルGX200発表!!

リコーの高級コンパクトカメラGX200が発表されました。
GX100を所有しているのですが、後継モデルの話題を
チェックし忘れていたので、初めてこのニュースに
接したときはびっくりしました。

GX100と比べた場合のGX200の特徴は。。。

★人気ブログランキングはこちら★

・有効画素が1001万から1210万にアップ
・映像エンジンに新しい「スムースイメージングエンジンIII」を搭載
・ノイズの低減
・最低感度をISO80から64に引き下げ
・RAW画像での1:1モード対応
・RAWでのブラケット撮影に対応
・液晶の解像度が2倍に
・電子水準器を搭載
・撮影設定を記録できるマイセッティング機能が2種類から3種類に

デジカメWatch: リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」

新しいエンジンの搭載により、ノイズが低減されるのはいいなあ。
またraw画像での1:1モード撮影対応もうれしいですね。
GX100でも1:1モードは多用していますから。

電子水準器の搭載もグッドです。GR Uにも搭載されていますが、
写真が少しでもどちらかに偏っていると、見た目がよくないんですよね。

なかなか魅力的な一品だなあ。
欲しいのはやまやまだけど、E-420に続く新たな一眼の導入も
検討しているところだし、どうしようかな。。

GX100については、「GX100購入体験記」をご参照ください。

*デジカメの詳細情報については、デジタルカメラ徹底比較購入ガイド
も参照してください。







タグ:リコー GX200
| リコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。