2010年06月07日

キヤノンIXY 30Sレビュー:(9)IXY 30Sを持ってハイキングに行ってきました

天気が良かったので、湯河原の城山にハイキングに行ってきました。
テストも兼ねてIXY 30Sも持って行くことに。

まずは、源頼朝が身を隠したといわれる「しとどの岩屋」に
行ってみることにしました。

キヤノン IXY 30s
写真ではわかりにくいのですが、いきなりすごい下り坂。
行けども行けども下り坂で、ちょっと不安になってしまいます。

この写真は、Autoモードで撮影したのですが、ちょっと露出が
オーバー気味になっています。Autoモードでは、オーバーになる
傾向が強いので、しっとりとした感じの写真にしたいのであれば、
絞り優先モードに設定して、露出を下げた方がいいと思います。
(Autoモードでは露出を変更することができません)

★人気ブログランキングはこちら★

続きを読む


| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

キヤノンIXY 30Sレビュー:(8)魚眼風に撮影できる!

デジカメを使っていて、「魚眼レンズ」が使えればおもしろいのに、と思うことが
よくありますが、キヤノン IXY 30Sでは、魚眼風の撮影をすることができます。

IXY 30Sの魚眼風モードは、本当の魚眼レンズと比べて撮影できる範囲が狭く、
湾曲の仕方も今一つですが、お手軽にちょっと変わった写真が撮影できるので、
けっこうおもしろいです。

普通の柵を撮影してみるとこんな感じになります。
キヤノン IXY 30s

中心部分が湾曲していて、おもしろい写真に仕上がっています。

★人気ブログランキングはこちら★

続きを読む
| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

キヤノンIXY 30Sレビュー:(7)ジオラマ写真を簡単に撮影できる!

IXY 30Sではシーンモードに「ジオラマ風」が設定されており、
風景をミニチュアのように撮影することができます。

ちょっと前にすごくはやりましたね。
ジオラマ風に撮影するには、いろいろな物を用意しないといけないのですが、
IXY 30Sでは簡単に撮影することができます。

次の写真の中央部にピントが合っていますが、その上下の部分がぼけています。
なんとなくミニチュアのように見えませんか?
キヤノン IXY 30s

ちょっとわかりにくいかもしれないので、他の場所でも撮影してみました。

★人気ブログランキングはこちら★

続きを読む
| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キヤノンIXY 30Sレビュー:(6)ハイスピード連写機能で愛犬のジャンプしている様子を激写!

キヤノン IXY 30Sでは、秒8.4コマの高速連写が可能です。
これだけ高速になると、肉眼では気づかなかったことを
記録できるので、後で再生してみて、「お〜」と思うことが
よくあります。

被写体の動きが速い方が楽しいので、うちの
わんこで試してみました。


さーて、飛ぶぞ〜
キヤノン IXY 30s

★人気ブログランキングはこちら★

続きを読む
| キヤノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。